【解剖学part4】ローテーターカフについて

こんにちは!
フィットネスジムBURNです!

今回は肩の細かい筋肉”ローテーターカフ”について解説していきたいと思います!

ローテーターカフとは、回旋筋腱板と呼ばれる4つの筋肉からなるものです。

【棘上筋】
起始:棘上窩
停止:上腕骨大結節
作用:肩関節の外転

【棘下筋】
起始:棘下窩
停止:上腕骨大結節
作用:肩関節の外旋、水平外転、外転

【小円筋】
起始:肩甲骨の外側縁
停止:上腕骨大結節
作用:肩関節の外旋、水平外転

【肩甲下筋】
起始:肩甲下窩
停止:上腕骨小結節
作用:肩関節の内旋

大胸筋や三角筋などの表に出ている筋肉をアウターマッスルと言い、これらのローテーターカフのようにアウターの中に隠れて、深層にある筋肉をインターマッスルといいます。

アウターなどは大きな動きの際に、インナーは細かい動きの際に使われており、スポーツなどする際にはとても重要な筋肉となったり、上手く扱えないと怪我の原因となる場合もあります。

是非皆さんもアウターだけではなく、インナーマッスルも鍛えてみてください!

太りにくい理想のカラダを手に入れたい方はBURNへ

BURNはプライベートな空間で周囲の目を気にすることなく、専門知識を持ったトレーナーの指導のもとマンツーマンであなたの理想のボディメイキングをサポートします。

<BURNのトレーニングコンセプト>
①食事制限しなくても太りにくい体質
②健康的でスタイリッシュなカラダ
③理想のカラダを追い求める

BURNでは3つのコースをご用意しておりますが、まずはお試し体験コースを受講いただくことをお勧めしております。