【解剖学part7】広背筋について

こんにちは!
フィットネスジムBURNです!

今回は背中の筋肉”広背筋”について解説していきたいと思います!

広背筋があると、よりくびれがハッキリと見えるようになるため、女性にも人気のある筋肉です。
広背筋は、背中の中でも大きな筋肉となっており、鍛えることで、姿勢、肩こり、腰痛などの予防、改善に繋がるとされています。

【広背筋】
起始:正中仙骨稜、胸椎七番の棘突起まで、腸骨稜、下角
停止:上腕骨結節間溝
作用:肩関節の伸展、内旋、内転、肩甲骨の下方回旋、下制、内転

【大円筋】
起始:下角
停止:上腕骨結節間溝
作用:肩関節の伸展、内旋、内転、水平外転

今までに解説した筋肉とは比べ物にならないほど作用が多いですね😱

大円筋は広背筋と起始部、停止部、作用が同じで、大円筋を鍛える際には、必ず広背筋にも刺激が入るとされています。

広背筋の停止部には捻れが発生しており、肩関節の屈曲を用いることで、この捻れが解けていきます。
このことから、ローイング系の種目を行う際には、肩関節の屈曲位が大きい位置から動作を行うと、より効果が発揮されることがわかります。

是非ご自身でトレーニングされる際には、試してみてください💪

種目をやってみてわからないことなどありましたら、お気軽にスタッフにお声掛けください!

太りにくい理想のカラダを手に入れたい方はBURNへ

BURNはプライベートな空間で周囲の目を気にすることなく、専門知識を持ったトレーナーの指導のもとマンツーマンであなたの理想のボディメイキングをサポートします。

<BURNのトレーニングコンセプト>
①食事制限しなくても太りにくい体質
②健康的でスタイリッシュなカラダ
③理想のカラダを追い求める

BURNでは3つのコースをご用意しておりますが、まずはお試し体験コースを受講いただくことをお勧めしております。